FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税を減税する具体的な道のり

2016.03.11.Fri.17:30
消費税を減税するために必要な道のりは遠い。

消費税減税の実現を決意する。

共感者を探す。

共感者で集まる。

議員に働きかける、もしくは、議員を輩出する。

消費税減税を公約にする政党を作る。

その政党を選挙で勝利させる。
(キャスティングボードを握らせるぐらい。)

どの段階もハードルが非常に高い。
消費税減税したらいいのに、と思う層はそれなりにいるだろう。
しかし、それが集まるとなると厳しい。
まず、生活が大変で集まること自体が難しいからである。
そして、議員を動かさなくてはならない。
つまり、経団連のような政権にも圧力を与えられる団体にならなければならない。
そして、それが一定程度継続的になされなければならない。

議員に対する圧力は2つ。
票と金。
いずれも議席獲得のために必要だからだ。
政治をするには金がとことん必要で、どんな活動をするにも金が必要。
宣伝にも何にしても金が必要となる。
金がなければ、票はとれない(念のためだが、買収という意味ではない。)。
経団連があれほどの影響力があるのは、政治献金があるからである。
一方、票も重要である。
金も最終的にはこのためにある。
それは一人一人が持っている。
簡単に放棄されてしまっているがとても重要なことだ。

普通の人が行使できるのは、票だけなのだ。
それを金と票を使えるようにする。
それが団体であり、本来的にはそれが政党となるのである。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。