FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利権あさりを許してはならない

2016.03.23.Wed.18:30
経済界の要人が民間議員という形で政策決定に関わることがある。
経済をよく知っているから、その考えを政策に活かそうというのである。

しかし、これは正しい姿であろうか。
むしろ、政策決定に民間の発言を許すことは、利権あさりにつながることであって、許してはならない。
特に有名であるのが、竹中平蔵氏であるが、彼は派遣会社パソナの取締役である。
本来、彼が政策決定に関係することは、派遣会社への利益誘導ではないかと疑われても仕方ないことなのだ。

こうした利益誘導の疑いは、選挙で通らない限り、許されるべきではないはずだ。
正しい民主主義を取り戻すためには、こうした理解できない民間議員が排除されなければならない。

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。