FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保守こそ安倍政権に対して反対を示すべき

2016.04.15.Fri.18:37

以前、安倍政権について積極的支持層があり、保守層と思われるということを書いた。
しかし、本来、ある政策について支持できるかどうかは、その政策の内容によって決まるべきである。

ある政権が政策を実施する時に、当該政権についてその政策の是非を問わないというのは思考停止である。
それこそ、民進党政権だろうが、よい政策については評価しなければならない。
そして、安倍政権だろうが、悪い政策については批判しなければならない。

安倍政権の政策をみると、仮に、現在が、民主党政権であれば、批判の対象となっていたであろう政策も多い。
特に大きなものは下記の2点だろう。
1.TPPの参加。
2.移民の受け入れ条件の緩和

それぞれが、十分に批判を受けるべき対象となる。
保守と名乗る人はそれぞれを痛烈に批判しなければならない。
二つとも日本の形を変えるものだからだ。
政権を支持できるかどうかは、口先の政策ではなく、実施された政策を見るべきだ。

この観点からすれば、保守層は安倍政権を批判すべきなのである。

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。