スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全体を見ること(2)

2017.02.10.Fri.08:32
トランプ政権が保護主義的な貿易政策をとろうとしていることについて、ある新聞の社説は
「自己中心的」「結果として国民が高い品物を買うことになる」
と批判した。

しかし、その高い品物を買うことによって、収益を得られるのは同じ国民である。
高い収益を得ることによって、購買力は高まる。
購買力が高まれば、よりよい商品、サービスを国民それぞれが受けることができる。
国民で利益を共有することが可能になるのである。

物の値段が上がるというのは、1つの真実だが、他方の影響として、国民の収益が上がるということを見逃した説明はミスリードだろう。

物事は多角的に検討し、考えなければならない。

ビジネスでも同じことがなされている。
メリット、デメリット、リスクと考えているはずである。それがなぜか政策になると、一方的な見方になることが多いように思える。
政策こそより多角的な視点が必要なはずだ。


にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。