スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

購買力と消費(2)

2017.02.11.Sat.11:03
日本国内でグローバル化の縮図を見ることができる。

小さな商店街しかないような町に大型のショッピングモールができた時がそれである。

大型ショッピングモールに客が集まる。

商店街に客が来なくなる。

商店街が廃れ、店を閉める。

地元の購買力がなくなり、大型ショッピングモールも廃れる。

大型ショッピングモールの撤退。

こういう図式が成り立ってしまうのである。

次の話が真実かどうかは不明だがある演説での一幕。

岡田議員
「この商店街のシャッターを見てください。これは自民党のせいですよ。」
聴衆
「何言ってんだ!ジャスコのせいだ!」
※岡田議員はイオングループ創業者一族です。

笑い話になってしまっているが、これは経済的に考えると興味深い現実なのである。

つまり、経済を考え、政策を考えるときは購買力をセットで考えなければならないのだ。


にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。