スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反グローバリズムの潮流(1)

2017.02.16.Thu.19:49
基本的な世界の流れは反グローバリズムである。

イギリスのEU離脱。
アメリカのトランプ大統領選勝利。
いずれも、反グローバリズムの流れである。

今年はさらにフランスで選挙がある。
有力候補者の対立点として、EUに残るかそれとも離脱する方向なのかという点がある。

大方の見方はEUに残るというものだろう。
しかし、イギリスでも、アメリカでも事前の予想は覆された。

フランスで同じことが起きないという保証はどこにもない。
むしろ、反グローバリズムの流れからすれば、同じことが起きる可能性も相当あるというべきだろう。

なぜ、反グローバリズムは生まれるのだろうか?
それはグローバリズムが生み出すのは基本的には世界の均一化であり、先進国国民(世界的には豊かなである人)の貧困化だからである。
それに反発が生まれるのは当然なのだ。

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。