スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンゲル係数が高水準であることは必ずしも貧困であるにつながらないが・・・・・・

2017.02.19.Sun.11:30
<エンゲル係数>29年ぶりの高水準 16年25.8%

エンゲル係数は基本的に高ければ高いほど、生活水準は低いとされる。
この統計結果が示すのは、全体的な生活水準が低下しているということになるだろうか。

また、食費は消費税増税の影響を受けやすい。
そのため、余計にエンゲル係数が高くなると言うことはありうる。

だが、こうした統計の原因としては,単に貧困状態が増えているということにはならない。
以前も書いたが、それなりの娯楽はスマホさえあれば、無料で手に入る時代だ。
音楽や書籍など情報のカテゴリーに入るものは軒並み売上げを落としている。
そんな中で、音楽でもライブはそれなりに人が入る。
いわゆる体験型が売れるのだ。
食事はその体験型の最たるもので、おいしいという情報があっても体験しなければならない。
また、いわゆる宅配弁当も増えている。
食にかける費用が上がって当然だろう。

もっとも、こうした統計を自己の主張の正当化に使うということはできる。

個人的に消費税増税は数ある政策の中でも経済的にデフレを加速させるのであり、やめるべき政策と考えている。

この統計結果からすれば、全体的な貧困率が高くなっているのだから、消費税増税はやめるべきとの主張に使える。

個人的には便利な統計だ。
ただ、あらゆる統計は疑ってかかるべきではあるだろう。



にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。