スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内での消費の促進(2)

2017.02.20.Mon.12:10
日本国内での消費が大切であるが、問題は輸入品が多すぎることである。
たとえば、100均では、中国産、マレーシア産、ベトナム産などがあり、そのほかでも本当に輸入品が多い。

普通に消費しているだけでは、国内に消費しているか分からないのである。
消費先として間違いないのが二つある。
一つは食料品である。
食料品の場合、産地がわかりやすく明記されている。
(産地偽装もあるが、これはさすがに消費者側では分からない。)

一つは旅行である。
旅行の民宿・旅館・地場の商店は間違いなく日本での消費となる。
(ホテルの場合は外資があるので、油断ならないが。)

日本の魅力を再発見する旅は良いものだと思う。
そして、遠方に住んでいる友人についでに会うというのもいい。

行ったことのない観光地など山ほどあるはずだ。
温泉地巡りもいい。
それぞれの温泉に特色があって、なかなか気持ちがいい。
海外旅行1回分で国内旅行2回分ぐらいはできるはずである。

そして、ご当地グルメを楽しむ。
これ以上の事はないと思う。

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。