スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内での消費の促進(3)

2017.02.21.Tue.20:23
旅行に行くというのは一種のギャンブルだろう。
行ってみないと分からないことが多いからだ。

旅行に何を求めるかにもよる。
地酒を求める人もいれば、湯治を求める人もいる。
色々な施設の比較をしたいという人もいるだろう。

そうした方針さえあっていれば、競争が激しいこの時代、ある程度の満足は得られる。

色々な動物園・水族館に行っている。
それぞれに工夫を凝らしているので、どれもそれなり満足した。

ついでに、地場の食事を楽しむ。
とりあえず、熱海・静岡、大分、神戸、石川には行ってみたが、外れと思ったことはない。

掛川花鳥園はフクロウやらペンギンやらと楽しかった。
うみたまごは海亀の水槽がよかった。
神戸動物王国はカピバラにさわれた。
和倉温泉は日本海の食事がよかった。

ちなみに和倉温泉は桃鉄で知った。
どこも楽しかった。

いいところはいっぱいある。
日本再確認をすべきなのだ。
日本の消費者は厳しい。
だからこそ、選ばれる観光地にはほんとに外れがない。
ほとんどギャンブルをしなくていい。
これが日本旅行の強みだと思う。

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。